スポンサーリンク

【安定感を重視】東計電算(4746)【日本成長株 注目銘柄】

toukei注目銘柄

お疲れ様です。

ていたく(@teitaku_garden)です。

今回は日本の配当成長株銘柄として『東計電算(4746)』について検討していきます。

”配当成長株”は、現在の配当利回りがイマイチでも将来の企業成長(株価上昇+増配)に期待する銘柄のことです。(私の勝手な解釈なのでその点はご了承ください)

*本記事に特定銘柄の購入を推奨する意図はありません。

東計電算(4746)

企業概要

<企業名>東計電算
<事業内容>
ソフトウェア開発を主力にシステム運用、データセンターサービスを提供
<業種>情報・通信業
<会社サイト>https://www.toukei.co.jp/

東計電算は、会計・人事・給与関連のアプリケーション開発 及び 自社データセンターを活用したクラウドサービス、ネットワーク構築・運用サービスなどITビジネスアウトソーシングサービスを提供している企業です。

東計電算 全体の売上高は158億48百万円、営業利益は29億03百万円 です。 (*2020年12月期)

事業セグメント売上比率は
★情報処理・ソフトウェア開発
売上:142億82百万円
利益:26億61百万円
機器販売
売上:11億80百万円
利益:1億75百万円
★リース等その他業務
売上:3億85百万円
利益:66百万円
*2020年12月期決算を参照


株価情報【2021年9月17日時点】

2021年9月17日時点の週足チャートは下記になります。

引用先:株探

テクニカル分析的には
週足MACDはシグナルを上抜け良好。
週足RSIは54付近で可もなく不可もなく。
短期的には”若干”上昇傾向かな?と言ったところでしょうか。

PER:16.2倍
PBR:1.59倍
利回り:2.54%
時価総額:460億円
スポンサーリンク

決算情報【2021年9月17日時点】

続いて決算情報の推移を見ていきます。

個人的な投資方針(配当成長株の場合)はこちらです。参考程度に見てください。

・売上高の推移(増加傾向か?)
・EPSの推移(増加傾向か?)
・ROEが10%前後かそれ以上
・配当利回りが2.5%以上
・自己資本比率が40%以上(業種による)
・ビジネスモデルは今後も伸びそうか?

*下記 決算情報は『IR BANK』より引用しています。

売上高、営業利益(率)

売上高は直近5年間では右肩上がりで増加しています。(5年間で約1.25倍)
営業利益は5年間で1.19倍。利益率は20%前後を推移しています。
利益のほどんどは「情報処理・ソフトウェア開発」事業で稼いでいる状況です。ソフトウェアパッケージのシェア拡大、クラウドサービスのライセンス売上の拡大が今後の成長のカギとなりそうです。

スポンサーリンク

EPS、ROE

EPSは2012年以降で年々増加傾向です。(2020年はコロナの影響でEPS減少⤵)
ROEは9%台で推移しており、投資基準としてはギリギリ許容範囲だと思います。

自己資本比率、営業CF

自己資本比率は80%台で推移しており、財務状況は好調です。(素晴らしいですね)
営業キャッシュフローも危なげなく毎年プラス域を維持しています。

配当金、配当性向

配当金は2014年以降 毎年増配実績ありで、7年連続増配中です。
配当性向は最大40%ほどで増配余地は残されている状況です。

結論

東計電算は結論として・・・

投資判断は「良」ですね。
*(優)(良)(可)3段階

その理由として、
営業利益率が高い(直近5年間で20%前後を推移)
②自己資本比率が高い。(80%以上をキープ)
③「着実な業績成長」+「好財務」で安定した経営状況

東計電算はバランスの取れた安定感のある企業だと思います。現在の株価に割安感はありませんが、将来的に株価成長+高配当に期待できる銘柄だと思います。まずは監視銘柄として注目していきます。

以上、参考になれば嬉しいです。

他の注目銘柄はこちらの記事で書いています。

注目銘柄
「注目銘柄」の記事一覧です。

良かったらTwitterフォローお願いします!
@teitaku_garden

では では

注目銘柄
スポンサーリンク
SNS始めました!フォローお願いします!
今日も明日もコツコツ投資生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました